パンパシとはHISTORY


東欧諸国を筆頭に世界に君臨してきたヨーロッパ諸国の勢いに危機感を持った、オーストラリア、カナダ、日本、アメリカの4ヶ国が、環太平洋地域の水泳レベル向上に力を結集するため、1984年にパンパシフィック水泳協会を設立し、環太平洋地域の国々が参加する競泳国際大会を開催しました。

以降オリンピック・世界選手権を開催しない年に、上記4ヶ国の持ち回りで開催。同時期に開催される欧州選手権に比べ、実力的にハイレベルなパンパシフィック水泳選手権大会へ中国や韓国、ブラジルや南アフリカなど、世界の強豪国が積極的に参加する、名実ともに大規模な国際大会となりました。

現在では、オリンピックの中間年(4年に一度)に開催され、北島康介やイアン・ソープ、ライアン・ロクテ、マイケル・フェルプスなど、本大会活躍選手の多くが2年後のオリンピックで活躍するハイレベルな大会となっており、水泳界では「オリンピック・世界水泳と並ぶ世界三大大会」の一つに数えられています。

本大会は2002年の横浜大会以来、実に16年ぶりの日本開催となり、今後更なる盛り上がりが期待されています。

第1回 1985年 東京(日本)
第2回 1987年 ブリスベン(オーストラリア)
第3回 1989年 東京(日本)
第4回 1991年 エドモントン(カナダ)
第5回 1993年 神戸(日本)
第6回 1995年 アトランタ(アメリカ合衆国)
第7回 1997年 福岡(日本)
第8回 1999年 シドニー(オーストラリア)
第9回 2002年 横浜(日本)
第10回 2006年 ビクトリア(カナダ)
第11回 2010年 アーバイン(アメリカ合衆国)
第12回 2014年 ゴールドコースト(オーストラリア)
第13回 2018年 東京(日本)